覚せい剤の匂いとは

匂いについて語り始めると色々な意見が飛び交います。好きな匂い、落ち着く匂い、一日一回は匂いを嗅がないといけないなど、多様な反応が返ってくるので面白い。ただ匂いと呼称されるものが全て良い物とは限りません。このサイトでは人間の生活において切り離せない『匂い』について話をしていこう。

結構重要です

良い匂いは素晴らしい、とは一概にいえません。確かに香水などのきちんとした香料であれば問題ないが、そうでない場合は逆に危険が付きまとってくる。そんなことがあるのかというと、実はかなり身近な話題として危険な匂いは存在していた。何のことかといえば、『覚せい剤』についてだ。

覚せい剤といえばここ最近だと著名な元プロ野球選手が逮捕された話題が挙げられます。薬物依存も強く、一説には現役時代から使用していたのではないかとまで言われるくらいだ。使用し始めた期間はどうあれ、重度の薬物中毒にも陥っている状態なのも間違いない。一時期は覚せい剤をしていないと主張しても、結局逮捕されたことで視聴者もそうだが芸能関係者全てを裏切った背信行為に、名誉もクソもない。

覚せい剤のような薬物というと、どうしても先行して薬物利用時の作用と副作用、中毒症状などが上がってくる。ですが元を正せば覚せい剤もまた、香料の一種であることには間違いないのだ。同じ香料を元にした植物でも、人を狂わす薬を作れてしまうのだ。覚せい剤はそこから更に化学合成することで製造されますが、匂いの歴史という点から見ても外せない話題なのです。

ですがそうなると『臭い』の一種ではないかと思う人もいるでしょう。実は分類的に『匂い』に当たり、その香りも化学合成品とは思えないような香りとなっているのだ。

覚せい剤と糖尿病

先に述べておくと、筆者は覚せい剤などこの目で見たこともなければ試したこともない。そう言っておかないと後から警察問題に発展しかねないので、あくまで情報をまとめた上での考察となっています。情報収集をしていくと、覚せい剤の匂いとして一般的に風説されている種類は『甘い匂い』がするのだ。予想外だと感じる人もいるでしょう、しかしこれは事実とのこと。

薬品の匂いもそうですが、覚せい剤をしている人の体臭もそれに当てられて甘い匂いになるというのです。そうなると通常の香水との見分けがつかなくなるのも無理ないかもしれません。甘い匂いのする香水と言えば数知れず、様々なブランドから発売されているため見分けなどつけようがありません。中毒者の中には隠すためにダミーに香水を持っている、なんてことももしかしたらあるのかもしれません。

また調べていくと、そうした甘い匂いのするケースでよく似ているのが『糖尿病患者』も当てはまると言うのです。また意外な内容が出てきましたが、糖尿病患者もまた体臭は甘い匂いになるという。糖質類を沢山摂り過ぎたから、なんてメルヘンチックすぎる仮説だが事実だからしょうがない。

では覚せい剤をしている人と糖尿病患者を見分ける術はないのかと言うと、その点は言うまでもなくあります。

薬物中毒者であること

覚せい剤をしている人、その度合にもよりますが中毒症状を発症するまで使用していたとしよう。すると禁断症状として幻覚を始め、言動などが豹変するというのも有名な話だ。また目つきも必然と良くないので、人格が180度変わってしまった人で体臭が甘いと疑われやすいという。糖尿病患者の場合はそうした症状がないと判断できるというが、それはそれで隠しておきたいのにバレてしまうというのも恥ずかしい話だ。

警察などでは覚せい剤をしている人を見極める際には、実例と経験を元にして嗅覚を鋭くさせている。そう考えると警察の薬物中毒者を探り当てる仕事ぶりは大したものだ。

知っておいて損はない

残念なことに日本社会では覚せい剤はいまだ蔓延している。今でも裏社会の人々にとっては重要な収入源となっており、その足が付かないよう入手ルートを探り当てられないよう撹乱している。また逮捕された著名人たちも、誰から入手したかを黙秘するのには、そうした人々からの報復も関係しているからだ。昨今逮捕されたある超有名大物アーティストは、誰から入手したのかという情報を露呈したことから、その身が危うくなっているとも言われているという。

このように実は自分の身近にもそういう人がいるかもしれないと、勘ぐってもおかしくないくらいに日常と密接なところに覚せい剤は取引されています。その見分け方として、

  • 体臭がどことなく甘い匂いのする人
  • 最近になって言動は愚か、人格まで変わってしまった

といったケースに当てはまる人がいないかが、参考になる。ただ必ずしも該当するというわけではないので、疑わしきは警察に相談をするなりしてから行動しよう。これでもし違っていれば、余計なトラブルを生み出す火種になってしまいます。