日本における始まり

匂いについて語り始めると色々な意見が飛び交います。好きな匂い、落ち着く匂い、一日一回は匂いを嗅がないといけないなど、多様な反応が返ってくるので面白い。ただ匂いと呼称されるものが全て良い物とは限りません。このサイトでは人間の生活において切り離せない『匂い』について話をしていこう。

色々と謳われていた

世界の歴史では超有名な悪女と呼ばれた女性たちが挙げられますが、では日本で香水の始まりとはいつからなのでしょうか。調べていくと、日本に初めて香料が登場したのは飛鳥時代の頃だ。ただその当時の東洋において香料の使い方はヨーロッパとは全く違っていました。どちらかと言えば、黒魔術のような使用方法といえば分かりやすいかもしれません。死者を蘇らせる効果があるとされ、スパイス系の香料をふんだんに利用していたという。

随分ダークな側面を持っていたものの、日本に伝来すると香料本来の神様への供物として扱われた。初期は仏壇での使用から始まり、やがて平安時代に差し掛かると貴族たちを中心に香を焚きしめる習慣が始まりを告げます。伝来したのは飛鳥時代ですが、本格的に香料を匂いを楽しむものとして利用されたのは平安時代となっています。

またここから先になると日本ならではの香料の使い方が開拓されていきます。

香道の誕生

『香道』、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは日本ならではの伝統芸道の一種で、一定の作法のもとで香を焚いて、立ち上がる香りを鑑賞するという雅な遊びだ。嗜む際には香りを聞いて鑑賞する『聞香』と、香りを聞き分けて楽しむ『組香』の2つの要素が香道の醍醐味となっています。注意点が1つあって、香道をする際には『嗅ぐ』という言葉が無粋で使用してはいけないとされている。あくまで『聞く』と表現するのが正しいものであるので、知らずに嗅ぐと言ってしまうと分かっていないと言われてしまうという。

そんな優美な遊びが誕生したことをきっかけにしてか、武家社会以後から日本で香といえば濃艶な香りを楽しむのではなく、1つの清楚優美な香りを聞くのが定番となった。これが俗にいう日本固有の文化である『香り文化』の始まりとも言われています。黎明したばかりの頃は複数の匂いを嗜むのではなく、何かしら1つの香りに絞るのが日本ならではの楽しみ方とされた。

中々面白い歴史が見えてくるものの、この時はまだ貴族だけが行える遊びだったのも事実。ではいつ頃から民衆にも香りを楽しむのが習慣になっていったのか、始まりは江戸時代だ。

化粧品として流行

一般庶民が匂いと生活を密接にしたのは江戸時代からだが、この時はまだ香水ではなく香料の流行に留まっていました。初期の頃は芳香化粧品として鬢付け油として愛用することから始まっていきます。ヨーロッパでいうところの香水が誕生したのは江戸時代後期、大政奉還を間近にした時だ。

どうしてここまで香水が中々誕生しなかったのかというと、一番の原因は鎖国にある。国を閉ざし、外部からの接触を一部港町に限定したことで、外国での文化が日本国内に浸透することはありませんでした。それも黒船の襲来、薩摩から始まった革命運動により時の徳川幕府を討幕したことによりやっと香水という使い方が、日本に伝来します。舶来の化粧品が本格的に流行し始めたのは1872年と大分後の話だ。

ただ登場しただけで誰もが当たり前に使っていたかといえば、すぐにはそうなりませんでした。それまで知られることのなかった日本文化、外来の化粧についても洋風化していったことを背景に需要が伸びていき、日露戦争を前後した頃に洋風化粧に倣った化粧品が普及していったのです。

技術レベルの躍進

ヨーロッパ地方と比べても分かるように、日本に本格的な香水ブームが訪れるまでおよそ100年以上の時間が掛かっている。香料にしても西洋とは全く異なる扱い方をして、初期においてはシャーマニズムを髣髴とさせるような儀式めいた使い方が当たり前と言われていたほどだ。その後も日本独自に進化していく香料の使用方法も、大正時代になって化粧品以外にも食品類にも利用されるようになっていったのです。こちらも大分遅い普及だが、そうした遅れを取り戻すかのような躍進ぶりを発揮します。

というのも、現代の日本において香料を利用した分析や合成、調合技術などは今や世界でもトップレベルにまで上りつめているのだ。技術文明では1世紀近いハンデがあったにも関わらず、その穴を僅か100年にも満たない期間で埋めてしまったのです。これこそ日本人だからこそ出来た、専門知識特化の職人気質があればこその成功と言っていい。賛美するわけではないが、そう考えると日本人の手先の器用さが改めて凄いと、現代に生きる我々は先達たちの技術をもっと称えるべきなのかもしれません。

世界と張り合えるくらいにまで香料を扱う技量が増し、今ではその名を各地に轟かせているというのだから現実味がない話だ。